モノづくりブートキャンプ

SHARP IoT.make Bootcamp

プロトタイプ作成段階から量産段階に至る際に予見されるトラブルによるコストロス、
スピードの遅れを未然に防止することを目的とした研修プログラムです。

  • design設計

    アナログ・デジタル回路、熱設計、金型設計及び組込みソフトウェア開発、サーバーサイド開発の基礎技術を学んでいただきます。

  • quality品質

    安全設計手法、法規制、信頼性工学、調達・工場監査の技術及び製品要求仕様書の書き方について学んでいただきます。

  • management経営

    原価管理、コストダウン手法、知的財産の取扱い及び資金調達について学んでいただきます。

IoT.make Bootcampの
ご紹介ビデオ

PLAN

モノづくりブートキャンプの選べる2つのコース

シャープ技術者19名が41時間量産技術・ノウハウをハードに伝授します。

表はスワイプできます。

スタンダードコース
(6日間プラン)

量産の具体化はまだ考えていないスタートアップ企業の方に最適です。(プロトタイプ制作レベル)

参加費:60万円/2名(追加1名につき25万円)
40万円/1名

アドバンストコース
(10日間プラン)

量産の具体化にすぐ取組みたいスタートアップ企業の方に最適です。(量産移行直前レベル)

参加費:80万円/2名(追加1名につき35万円)
50万円/1名

PLAN

開催案内

第7回モノづくりブートキャンプ

日程2018年12月3日(月)~12月8日(土)(スタンダード6日間)
2018年12月3日(月)~12月12日(水)(アドバンスト10日間)
応募期間2018年10月12日(金)~2018年11月16日(金)
申込方法ご質問・お問い合わせフォームより参加についてお問い合わせ下さい。
必要な情報をご提供させていただきます。
開催場所シャープ天理総合開発センター
参加費 ■スタンダードコース
1社 60万円(宿泊費、朝夕食込)2名様まで参加可能
※追加の参加者1名様当り25万円
※ 1社1名様の場合は40万円

■アドバンストコース
1社 80万円(宿泊費、朝夕食込)2名様まで参加可能
※追加の参加者1名様当り35万円
※ 1社1名様の場合は50万円

※いずれも別途消費税を賜ります
ABBALabスカラーシップ株式会社ABBALabによる参加者のためのスカラーシップです。
詳しくはこちら
お申込み・お問い合わせは
こちら

ACCESS

会場アクセス

JR天理駅・近鉄天理駅より、シャープ総合開発センター前行きのバスに乗りおよそ30分。
バスの時刻表を見る

全国各地で開催

モノづくり研修:IoT.make camp

シャープは、全国各地でスタートアップ向けのシャープオリジナルの「モノづくり研修:IoT.make ●●(地名等) camp」を実施しています(有償)。
「モノづくりブートキャンプ」は、シャープ天理事業所で10日間(アドバンストコース)または6日間(スタンダードコース)の合宿形式で行うプログラムですが、「モノづくり研修:IoT.make camp」は全国各地に講師が出張し、モノづくりの基礎をより短期間(2日程度)で学んでいただけるプログラムです。
「メーカーのモノづくりの基礎を学びたい」「新規事業としてモノづくりを考えているが、全体像を俯瞰して学びたい」「モノづくりって難しい?簡単?」など、さまざまなお悩みに対するソリューションを提供します。
開催の場所や期間につきましては、順次、本ホームページ等でご案内していきます。

シャープモノづくりメンタリングDay

シャープは、全国各地でスタートアップ向けの個別メンタリング(無償:1時間~1.5時間/回)を行っています。
モノづくりや量産に関する大小さまざまな課題や疑問にシャープの技術者がお答えします。
開催の場所や時期につきましては、順次、本ホームページ等でご案内していきます。

Scholarship

ABBALabスカラーシップについて

ABBALabスカラーシップは、
下記の4種類で構成されます。

  • 1. モノづくりブートキャンプ参加費用サポート

    ABBALabが、各社のモノづくりブートキャンプ参加費用を負担します。

  • 2. ABBALab IoE Fundからの資金検討

    ABBALab IoE Fundからの資金調達の検討に進むことのできる権利を提供します。

  • 3. 専門家による研修プログラムやメンタリング

    ABBALabのもつ、様々なジャンルのメンターやパートナー企業と共に、製造、企業経営に必要なノウハウや知識を得るための研修プログラムやメンタリングの場を提供します。

  • 4. 開発場所と設備

    秋葉原に開設された「DMM.make AKIBA」の場所と設備を提供し、電子回路設計や外装の試作、電波関連の試験など、様々な分野の設計、開発装置、試験設備を提供します。

Schedule

期間中スケジュール

表はスワイプできます。

VOICE

参加者の声

ありがとうございました!
モノづくりの経験はあるが、自分たちに見える所/見えない所を考えないといけないことがわかった。例えば、企画段階で詰めておかないといけない事がたくさんある。

たのしかったです。
モノづくりについて素人では見落とすどころか、そもそも気づいていないことの方が多く、シャープの実体験に基づいた話は非常に価値があった。

第6回 モノづくりブートキャンプ

2018年5月21日~2018年5月30日

参加企業:株式会社ユニトラスト、
株式会社テクノプロ テクノプロ・デザイン社 ほか計3団体

★★★★★ 4.9

第5回 モノづくりブートキャンプ

2018年3月5日~2018年3月14日

参加企業:日本たばこ産業株式会社、DMM.make AKIBA、
AnyCare Japan株式会社 計3団体

★★★★★ 5.0

第4回 モノづくりブートキャンプ

2017年9月4日~2017年9月13日

参加企業:株式会社スカイディスク、FutuRocket株式会社、
LOAD&ROAD,INC.、日本たばこ産業株式会社 計4団体

★★★★★ 4.8

第3回 モノづくりブートキャンプ

2017年5月15日~2017年5月24日

参加企業:株式会社UTSUWA、株式会社スマートルアー、
東北大学ほか 計4団体

★★★★★ 4.6

第2回 モノづくりブートキャンプ

2017年2月13日~2017年2月22日

参加企業:株式会社HDE、株式会社DG TAKANO、
株式会社AWCLE、株式会社Momo 計4団体

★★★★★ 4.5

第1回 モノづくりブートキャンプ

2016年11月21日~2016年12月1日

参加企業:株式会社Arblet、合同会社Next Technology、
株式会社no new folk studio、株式会社ほたる ほか計5団体

★★★★★ 4.5

PHOTO

お問い合わせ・資料請求